茶トラ猫の馬券術

稼動指数や単撃指数など話題の馬券術を分析しています

「勝負MAP PUZZLE」で3連複総流しの収支について

「「勝負MAP PUZZLE」を使って儲かる馬券を検証した結果」の記事を書いた際に、「勝負MAP PUZZLE」で「軸穴」の該当馬が 2 頭だった場合に、3 連複 2 頭軸総流しを買ったらどうなるかについて課題として残っていました。

uma.saratoga.jp

今回は、1月6日から6月9日までの該当馬が 2 頭だった 168 レースについて集計してみましたので紹介します。

皆さんオススメの購入方法があったら、ぜひご紹介ください。

該当レースのワイドの的中率と回収率

まず、該当馬が 2 頭のレースで 3 連複 2 頭軸総流しが的中するには、ワイドが的中することが条件となります。

そのワイドの的中率は 7.7% となっています。

よって 3 連複も同じ的中率(レース的中率)となります。

10 レースに 1 レースも当たらない計算なので、短期スパンでは儲かるとは言えない計算になりますが、2 頭が絡めば必ず的中する 3 連複なので問題は回収率の方が大きな話です。

たまにしか競馬をしない人がマネをしてはいけない馬券ですが、一定のスパンで考えれば悪くない投資法とも言えます。

ちなみにワイドの場合の回収率は 77.2% なので、現時点ではワイドだと投資に不向きということになります。

該当レースの3連複の回収率

まずは該当レースの総頭数を洗い出していきましょう。

3 連複 2 頭軸総流しなので、出走頭数から 2 を引いた数が買い目数となります。

  • レース数:168レース
  • 出走頭数:1,992頭
  • 買い目数:1,656通り

買い目数が 1,656 通りなので、100 円ずつ購入する場合、購入金額は 165,600 円となります。

では、的中した 16 レースの 3 連複の配当を合計していきます。

  • [2018-01-06 中山11R] 5,270円
  • [2018-01-13 京都9R] 1,020円
  • [2018-01-20 中山10R] 3,400円
  • [2018-02-25 中山11R] 8,640円
  • [2018-03-17 中山9R] 250円
  • [2018-04-15 中山12R] 830円
  • [2018-04-28 新潟12R] 2,160円
  • [2018-05-06 新潟7R] 18,670円
  • [2018-05-12 新潟12R] 5,230円
  • [2018-05-13 京都12R] 72,280円
  • [2018-05-19 京都8R] 4,300円
  • [2018-05-26 東京7R] 51,250円
  • [2018-06-09 東京8R] 900円

払い戻しの合計は174,200円でした。

回収率は 105.19% なので、かろうじて 100% を超えるという結果になりました。

2 回の高配当が回収率を支えていますが、それがなかったら大きな赤字となります。

母数が 168 レースなので鵜呑みにはできない結果ですが、それでもこのように回収率 100% が期待できる応用方法もあります。

ワイドや馬連ももう少し長い目でみていくと、大きな配当が飛び出して回収率が飛躍的に上がる可能性がありますが、どのくらいのスパンでプラス収支を求めるかは人によって変わってきます。

そりゃ、毎週のようにプラスになればいいですが、そんなに上手くいく馬券理論なんてなかなか存在しないので、一定の期間で収支を計算して自分で採用するかどうか見極めてみましょう。