茶トラ猫の馬券術

稼動指数や単撃指数など話題の馬券術を分析しています

回収率100%の複利馬券チャレンジ企画

f:id:chatoracat:20181022010339p:plain

馬券をもう一度見直すという意味で、儲けるための馬券と楽しむための馬券を分けて考えてみます。

馬券で儲けるためのアイテムは、これまでも何度か紹介してきましたが以下の 3 つになります。

ここでは、儲けるための馬券術について実践していきます。

「投資方法」「無駄馬券を買わない意識」については確立していますが、回収率 100% が期待できる理論は、実践しながら精度を見極めていきます。

興味のある方はお付き合いください。

馬券で儲けるための馬券術

第一弾として、馬券で儲けるための理論は以下とします。

他にも回収率が期待できる理論ができたら、並行して運用していく予定です。

  • 前走で4着以下の馬
  • 今走で逃げ先行できそうな馬
  • ダート戦

まず、前走で 4 着以下の馬を狙います。

的中率を考えると、前走の着順のいい馬の方が馬券に絡む確率は高くなりますが、別のファクターと組み合わせた時に、回収率が期待できるパターンが見つけきれなかったので切ります。

次に、今走で逃げが期待できそうな馬を狙います。

相手関係もありますが、先行ではなく、なるべく逃げれる馬に限定します。

以下で、脚質別のデータを紹介しましたが、逃げた馬の的中率や回収率は十分儲かる結果となっているためです。

uma.saratoga.jp

最後に、ダート戦に限定する理由ですが、芝のレースに比べると展開が読みやすい点があります。

出遅れや、内枠での出負けは仕方ないですが、ある程度のスタートが切れる先行馬であれば、前へ行ける可能性は高いという期待感があります。

これらを踏まえて、狙えるレースと馬を選定していきます。

馬券で儲けるための投資競馬運用方法

投資競馬の運用方法には、冒頭でも紹介した投資競馬運用バイブルを使います。

的中率からみる連敗確率は、以下の計算フォームを作成しましたのでこちらで算出します。

uma.saratoga.jp

この運用バイブルのいいところは、限りなく少ないリスクで馬券を購入し続けれるところです。

それには、あらかじめ使用する馬券術の的中率と回収率を調べておく必要があります。

競馬雑誌や書籍に、「この理論だと回収率はこのくらいあります」とか「回収率が100%を超えます」と書かれているものを見かけますが、その元となったデータのサンプル数や的中率が書かれていないものが多いです。

そのようなデータは、興味を持たれる方も多いと思いますが、残念ながら運用には不向きなデータとなります。

例え回収率が 103% のように低いものでも、しっかりとしたデータの裏付けがあるものの方が運用には向いています。

馬券で儲けるための馬券購入意識

ここで、どのような馬券種を狙うのかになりますが、事前に調べた回収率が 100% を超える理論と同じものになります。

TARGET でデータ分析する場合の多くは単複になると思いますが、馬券シミュレーションで馬券種別のデータを得ることもできます。

また、第三者の馬券術や指数の場合は、過去の結果から回収率が公開されているものが多いので、その中で狙う馬券種となります。

ここでやりがちなミスがあります。

例えば、単複で回収率が 100% を超えていて、複勝率が比較的高い馬の場合です。

そう、この馬を軸にして馬連や 3 連複を買った方が大きく儲かるのではないかという妄想です。

相手に選ぶ馬の根拠がしっかりしていたら結果的に儲かる可能性もありますが、それを裏付けするデータがないのにも関わらず飛びつくのは危険です。

私も、せっかくこの複利馬券で儲かっているのに、自分で予想して馬券を買うことがありますが、大半はハズれています。

そして、トータルでマイナスになって憂鬱な週末の夜を過ごします(笑)

同じ運命を辿って欲しくないですが、タバコがなかなか止められない人と同じく、無駄馬券を止めるというのも簡単にはいかないものですよね

どうしても無駄馬券の購入を止めたいと思っている人には、冒頭で紹介した競馬で年間プラス収支をだす方法をぜひ読んでみて欲しいと思います。